見える世界の価値は暗く見ると無価値かもしれませんが、明るく見ると価値のつけられない価値だと思うのです。悲しくて泣くのはよしましょう。嬉しくて泣きましょう。