見えない世界に生きるように分けられた人は、体が無くなってしまって、こころだけで生きていくのだから、この世を振り返らないことです。モノに対する未練を断ち切ることです。