できれば自ら、魂基準の実践に励み、自分で自分を応援し、自らで経済自立をすることが望ましいのは言うまでもありません。