自分は魂基準の実践に励み、その一方で応援者になってくれる人を付け、経済的に援助してくれる人を付けること、ということです。