たった一つの天意を、知りたかった。