その念いは、たった一つ、その目的もたった一つでなければならない。天意はもちろんたった一つだ。