そこで、藩の中に塾を、地区の中に塾を、なのです。
HMU草創時代に戻そうというのが塾構想です。種をまこう。基礎をつくろう。声をかけよう。人を誘おう。達弥西心を学ぼう。