今、維新の時なのです。
大きく強くするためには藩という行政の考え方に、塾という自発的勉強会の考え方を取り入れなければなりません。