残すためには、語ることか、書くことか、と思った途端に、「どっちもだよな」と思って、原稿を書くのです。