よくぞ無事に、途中で沈没することなくここまで生きてきたなあ、と思います。