こころは私を一体どこへ連れて行くのだろうと期待しながら、私はMAOを楽しんでいます。