一日24時間のどこかを削って、それに振り当てるしかないのです。