しかし「我々はエリートである!」と多分誰も信じていない合言葉を、疑ってはならぬと言い聞かせながら、打ち消すためにありったけの大声で唱和しながら突き進んだ頃を思い出します。