全部そうやってみんなを引き連れてきていましたから、誰もがみんな私の考えを後継してくれるものだと思っていたのですが、達弥西心になった途端にザーッといなくなったということは、彼らは後継者ではなかったということです。そういうことです。