役を引き受けた子どもというのは、ちゃんと大人の自覚をもってそれに取り組みますから、あまり問題はないのです。