「わっ、きれい!」と、ほんとうに歓迎されていると感じられるような、そういう明るいイメージの花壇を私は期待しています。