しかし、これまでのやり方でやりながら、ふと、こうじゃないやり方、正反対のやり方もいいんじゃないかな、と思うことがあります。