そして折り合いをつけてやさしくなっていこう、ということを提案しているわけです。