輝く、まぶしい光。明るい、ほのかな明かり。

ふるさとには何がある?光がある。光を観に来てほしい。

光を観る。観る光。観光だ。景色も、光があって美しい。幼いころの思い出、月明かりの景色だって月があってのこと。どこにだって光はあふれている。

その光が景色をつくる。彩りを添える。ふるさとは空が澄んでいる。渡っていく風が見える。そこに、ひとつひとつ小さな建物を建てていった。光の中で、光を感じてほしいから。

光は希望だ。一寸先は・・・光!だ。