そう考えると、あの夢実現のグラフ「積み重ねグラフ」というものは、上に行きたい、上に行きたい、上にいきたいという勢いで上に行けてしまうのです。すなわち、積み重ねグラフには横の目盛りである時間の経過が全く現わされていないということに気付いたのです。命の消費が0なのです。