みんな幸せになりたいのに、みんな幸せになれないのは、みんな待っているからです。待っていてばかりでは、待ちくたびれて日が暮れます。

私たちは誰かが幸せにしてくれることを願ってはないでしょうか。誰かに望んではいないでしょうか。幸せは誰かからもたらされるものではありません。幸せは誰かから受け取るものではないのです。

どれだけ待っても、いつまで待っても、誰も幸せにはしてくれません。なぜなら、誰かも私たちと同じように、幸せになりたいからです。

幸せになりたい者同士が、お互いに幸せを待っているのですから、いつまでたっても幸せはやってくるはずはありません。幸せを思いっきり受け取りたい人たちばかりがいて、幸せを思いっきり与えたい人は誰ひとりとしていないのです。