競合相手とかライバルとか、誰かと競って奪い合うのは、本当に疲れます。自分の幸せのために相手を叩かなくてはならないのは、たとえ幸せになれたとしても不幸です。こころが不幸と感じるのですからやはり不幸です。

競って奪い合うのはモノです。相手を叩かなくてはならないのはモノのせいです。モノには限りがあるからです。

私たち人間は、モノを奪い合い、相手を叩き合い、その結果、幸せを感じたり不幸を感じたり、こころが激しく揺れます。要するに、幸せか不幸かを決めるのはモノではなく、こころなのです。